Skip to content

トラネキサム酸の美白効果とは

美白のためにトラネキサム酸を使うことがあります。

特に頬や口の周りに左右対称にできる薄ぼんやりとしたシミである肝斑の治療に用いられることがほとんどです。というのは肝斑のシミは通常のシミとは違って非常にデリケートだからです。通常ならレーザーで焼いて半強制的にターンオーバーさせることでシミをきれいにできますが、肝斑の場合はレーザーが刺激となってさらにシミを濃くする可能性が高いのです。そこで美白に用いられるのがトラネキサム酸です。

こちらはメラノサイトを活性化させる要因の一つのプラスミンをブロックすることでメラニンの生成を抑制するという作用なので、ちょっとした刺激でも反応してしまう肝斑にはもってこいな治療法なのです。ただ、トラネキサム酸による美白には注意点があります。そもそもこの物質は止血剤としても用いられていることから、血が固まりやすくなるという副作用があります。

つまり過去に脳梗塞や心筋梗塞など血管が詰まることで起こる病気の罹患歴がある方はそもそもこの治療法が受けられないことがあります。ただ、トラネキサム酸とは通常、ドラッグストアでは入手できない医師による処方薬になります。そのため自己判断で使用して副作用という結果は考えにくいのですが、実は第一類医薬品としてドラッグストアなどでも購入が可能なケースがあります。

特に注意したいのが、このように自己判断で購入した場合です。本来は医師の処方薬をドラッグストアで購入するには条件が必要ですが自己申告でなので、使用の際にはくれぐれも用法用量を守って正しく服用することです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *