Skip to content

シミ治療に効くいろいろな方法

シミが目立つ年齢になると、紫外線を予防する、美白化粧品を揃えるなどいろいろな方法をとることになります。

しかし、普通肌の人ならいろいろな方法にチャレンジして積極的なシミ対策ができても、敏感肌の人ではそう簡単にはいきません。間違ったシミ治療を勝手にはじめて、かえって悪化してしまう人もいるようです。シミ治療を始める前に、まずは皮膚科専門医を受診し、自分の肌についてよく知ることが大切です。

まずは、化粧品成分に対してアレルギーがないかどうか、またあるとしたらどんな成分を刺激として感じるのかを調べてもらいましょう。自然化粧品をうたっていても、成分をよく見てみるとあらゆる成分が入っていることに気づきます。防腐剤などが肌を刺激してしまうことはよくあることです。シミを取ると一言でいっても、これも立派な治療ですから医師の指導の下で行うにこしたことはありません。

敏感肌の人は、自分で化粧品を探す前に、一度相談に行き、たとえば医師から処方されたものを使用してみるとか、また皮膚科で紹介された化粧品を使ってみることから始めるとよいでしょう。外側からだけでなく肝斑治療などではトラネキサム酸を飲むことによって肌がきれいになっていくこともあるようです。ビタミンCも処方箋を持って薬局に行った方が、安くすみます。もちろん自分でできる対策として、紫外線をなるべく避けるよう、手袋、帽子などを夏でも着用するなど工夫することも大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *