Skip to content

くすみ治療を大阪で受けるときに用いられる治療機

くすみ治療を大阪で行うとき、最新治療機として用いられるのはレーザーだけではなく、光治療機もあります。

ともにメラニン色素に対して効果的なアプローチが可能で、肌表面だけでなく内部にある色素にも効果が働きますから、予防として利用することもできます。レーザーよりも弱い波長が使われることが多いため、光治療による改善を目指すと治療期間が長引く可能性があります。しかし、弱い波長はそれだけ肌に負担をかけずに施術している事になりますから、どちらが自分にあっているかよく検討してから施術を受けると良いです。

くすみ治療を大阪で受けると、光治療やレーザーで照射した部分の肌に徐々に変化が起こり、色素沈着していた部分がかさぶたになって、自然に剥がれ落ちると色素が薄くなります。かさぶたを無理に剥がすとあとが残ってしまうので注意が必要です。照射を受けることに薄まり、目立たなくなっていくので1回の施術では終わらないことが多いです。弱い波長であっても刺激があるため、冷却ジェルなどを用いて施術が行われますが、それでも痛みを感じる場合には、麻酔クリームなどをクリニックなら使うことができます。

痛みを我慢しないで、すぐに申し出て対応してもらいましょう。レーザーの場合には特に、痛みを感じやすくなるので笑気ガスを使ってくれる場合もあります。治療中の病気がある人は照射ができない場合がありますから、医師に申告して確かめてから受けるべきです。くすみ治療を大阪で受けるときには、施術の回数と費用も確かめて納得してから受けましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *