Skip to content

美容皮膚科と普通の皮膚科は何が違うのか

ニキビや水虫、湿疹などの皮膚病の治療をするのが、一般的な皮膚科です。

イボやほくろを除去したり、皮膚の疾患を治療することを目的としています。これに対して美容皮膚科というのは、肌の美しさを追求した、美しくするための医療機関です。ですから常駐するドクターは、美肌に関しては高い知識と技術を持つプロフェッショナルです。そこで働く看護師も、同じように美肌に関しての知識は高いものです。そんなメンバーがカウンセリングから施術までを行います。

肌に抱える美容の悩みを、最先端の美容医療機器を使用して治療をしていきます。普通の日塚みたいに、皮の病気を治す意識とは違い、美しい肌を作り上げていくことを目標としています。大きく違いがあるのは、治療にかかる金額です。皮膚の病気を治している皮膚科は保険治療です。しかし美容皮膚科の場合は、病気を治療する目的とは異なりますから、ほとんどの治療は自費です。

しかも治療代は前が空く自己負担な上に、初診料と再診料までかかることがあるので、お財布には余裕を持たせておく必要があります。とはいえ、世の女性たちは美肌を心から求めていますから、たとえ自費であっても、医療のチカラで美しくなれるなら、美容皮膚科も利用するという人は多いです。普通の皮膚科ではできないような、肌を美しくする治療を受けることができますから、相談をしてみる価値はあるでしょう。中には無料カウンセリングをしているクリニックもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *